石鹸かボディソープか

皆さんはお風呂で体を洗う時に石鹸を使いますか?それともボディソープでしょうか?

実は私自身、加齢とともに乾燥肌しやすい肌になってきたので、だいぶ以前にボディソープから無添加固形石鹸に変えたのですが、そのおかげで最近は保湿剤を塗る頻度が減りました。ですので、私自身は無添加の固形石鹸を今でも使っています。ただ、クリニックに来ているお子さんたちが泡で出るボディソープを使っていることが多いので、昨年の冬に3種類の泡タイプのベビーソープを買い、自宅の風呂場で交互に使ってみたことがあります。妻には「余計なものを並べるな」と不評でした。以前、息子がこのようなソープを使っていてアトピー性皮膚炎が悪化したことがあったので、目の敵にしているのです(息子は今8歳ですでにアトピー性皮膚炎は治っていますが)。結果はやはり乾燥する肌にはピリピリして使い心地は微妙です。きちんと洗い流しても乾燥しやすいです。

ところで、木曜日に青葉区医師会館で小児のスキンケアの講演会がありました。
講師の先生は小児皮膚科ではとても有名な先生で、この先生の講演はためになる情報が得られるので、学会でもよく聴かせてもらっているのですが、以前から疑問に思うことがありました。それは、「子供の肌を石鹸で洗うのはよくない。最近の子供用ボディソープはよくできているので、そちらのほうがいい」という意見です。この日は最初からこの意見に対し質問するつもりで講演会に出かけました。

講演会は夜7時半から始まり、終了は9時前。やはり石鹸はよくないとのお話がありましたので、石鹸カスの件とボディソープの刺激性について質問しました。石鹸はアルカリ性ですが、ボディソープはたいてい弱酸性ですので刺激感があります。石鹸カスは皮膚に残ると細菌の繁殖に関わったりバリア機能の低下を引き起こすとのこと。刺激性については「大丈夫です。しみる人はどんな洗い方をしてもしみます」というお返事。うーん、これでは納得いかない。

ということで、もう一度泡ソープを引っ張り出して当日の夜に自分の体の一部を洗ってみました。それ以外のところは愛用の石鹸です。もちろん、お湯の温度はあげすぎないようにし、こすったりもせず、泡をかるくなでるように洗ってみました。結果は、洗った直後は問題ないのですが、10分後には泡ソープで洗ったところがピリピリしてきてあわてて保湿剤をたっぷり塗るはめになりました(泣)。自分が特異体質なんでしょうかね… やっぱり乾燥してひっかきむしった子供の肌に、泡タイプとはいえボディソープを勧める気にはとてもなれませんね…

乾燥している肌に石鹸かボディソープか、逆の意見もありますので、皆さんが良いと思うほうを使っていただければいいと思いますが、いずれも使い方には注意をしてください。量は少なく、水分と空気を充分含ませてよく泡立てること。強くこすらないこと。お湯の温度は上げすぎないこと。長湯をしすぎないこと。今の季節に乾燥する方は、お風呂の入り方はとても大事です。入浴後の保湿も忘れずに~